不安定な相場は東京時間午前限定で、あとは安定した動き

東京時間午前は日経平均が不安定でしたが、午後からは回復が見られました。
午前中に大事な中国指標がいくつも発表されました。

結果は、良いものと悪いものがあって強弱まちまちでした。
最初は上に行ったり下に行ったりしましたが、わかりやすく下げたので、豪ドル円を短期でショートしました。
勢いが強かったので、1分足でタイミングを計り、10PIPSの利益で決済できました。
もっと引っ張ってもいいのかと思ったけど、日足は売られすぎているのでやめておきました。
その後は、反発に転じて元の水準に戻りました。
早めに決済してよかったし、運よく反発を拾わずに逃げられたのでよかったです。
欧州時間は、中国株が高く推移したことで、上昇になっています。
東京時間午前の不安定な流れが変わってすっかりやりやすくなりました。
利益は十分とれたので、本日のトレードは終了させます。
チャート観察は引き続き続けて、デモトレードを利用してエントリーの練習をしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です