FX初心者でも簡単に!自動売買

近年の円安に投資チャンスがあると思っていてもなかなかFXは敷居が高いと思っていませんか?
ここ何年かではドルは80円弱から125円くらいまで上がりました。
外貨預金で80万円分のドルを持っているだけで125万円です。

そもそもFXとは「外国為替証拠金取引」といい海外通貨の売買での差益をあげるというものです。
では外貨預金とはどこが違うのか?
それはレバレッジが掛けられるところです。業者によっては20倍から400倍までレバレッジが掛けられます。株で言うところの信用取引に当たります。
上記の例で言うと、20倍のレバレッジを掛けていれば外貨預金では45万の利益がFXでは900万の利益になります。同じ原資でもかなり効率のよい投資といえるでしょう。

しかし効率がいいほど初心者には難しいのではと思うはずです。
そこで便利なのがFXの自動売買です。これはプログラムが自動で外貨の売買をしてくれるのです。
自動売は専門家の知識を分析して作られたシステムなのです。
タイミングや市場の流れなどもそのシステムによって分析され、今が買いどきなのか売り時なのか分からなくても自動で売買をしてくれます。

相場の動きに一喜一憂して冷静になるのが難しいのが金融トレードでもあります。
自動売買ツールを使って取引をシステムに一任させる事で感情的なトレードを排しつつ、24時間いつでも冷静な取引を心がけられるのです。
出典:FX自動売買ツールを徹底比較※人気ランキングベスト10はここ!!

今は自動売買に特化したサービスがある証券会社が増えています。
自動売買は売りから入るプログラムもあるので、円高でも円安でも値幅があればあるほど儲けるチャンスがあるということです。
どこに労力を注ぐかというと売買プログラムを選ぶ目を養えば手軽に投資が出来るでしょう。

FXは近年、口座開設から取り引きまで本当に簡単に行えるようになりました。
少額でも始められる利点があるなど、一見すればメリットのある部分が目立ちます。
しかしながらFX口座の多様化、アプリを使っての取り引き、アプリの種類の多さなど複雑化している部分があるのも事実です。
口座は大抵の業者がサイトを使って紹介している時代ですが、比較する場合は評価や評判、口コミなども参考にしておきましょう。

初心者向けにデモトレードを用意している業者もあるなど、初めて取り引きを行うといった人にはそういったサービスをお勧めします。
また短時間で稼ぎたいといった場合はデイトレードといった手段もあります。
ただしデイトレード自体は別段初心者向けの投資というわけではないので注意しましょう。

すぐに結果が出るということは、損失も早いということです。
損切りを徹底するなど、予め方針を決めて行動することが大事です。
ものすごく稼いでいる人がいるのも事実、しかし反面で損失を出してしまっている人もいます。

いい話や甘い話ばかりに踊らされずに、しっかりとした知識と見極められる目を持ちましょう。
今まで勝ち続けていたのに急に大きなマイナスはFXの世界では当たり前です。
損失を取り返そうと焦り、我を忘れてはいけません。
そしてどんな少額の投資でも大きな投資でも必ずリスクがあるということを忘れないでください。

はじめてFXをする人への注意と体験談

私が、FXと出会ったのは10年前です。
たまたま、コンビニの雑誌コーナーを覗いている時に初心者でも月100万稼げる!!
という言葉に魅了されてついその本を買ってしまいました。
しかし、実際その本一冊を読んだだけでは到底1カ月10万円を稼ぐことすらできずにむしろマイナスを出してしまう月が続きました。

私はデイトレで取引を行っていたんですが取引き中はチャートがいつも気になってしまって、他のことに手をつけられない状態でした。
例えば、家族でご飯を食べる時も、チャートのことがいつも気になって家族の会話が全然頭に入らない状態で夫婦仲を悪くしてしまったりお風呂に入る時も携帯のアプリが常に気になってしまい、ゆっくりとお風呂にもつからず、シャワーだけで過ごしていました。

そんな生活を1年近く続けていたら、周りに呆れられてしまい大切な人達を失ってしまう寸前でした。
只、私の性格上、ロスカットや自分なりのルールを守って取引きできなかったので私が悪いので一概に悪いということではないと思いますが、ネットを見ていると結構のめり込んでしまう人も多いようですから気を付けてください。
コツコツと気長に投資するのが一番です。
今回は注意もふくめて私の体験談を書かせていただきました。

ランドの予想外の暴落

ランド円が暴落しました。7.5円台とリーマンショックの時期以来みたいです。
私もお試しで8.8円台でポジションを持っていたのですが暴落で買い下がって現在8円台でポジションの大きさは4倍になってしまいました。
今回の暴落の原因は南アフリカの大統領がネネ財務相を解任したことがきっかけになったようです。アメリカの利上げも控えてましたしこの暴落になったのでしょう。

利上げ前にここまでさがったのですから、利上げが実施されたらもう少し下がる可能性がありそうです。
スワップは多く受けられる通貨なので長期で持つ。
下がっても買い下がれる資金があるならば仕掛けるポイントになりそうですが、どちらに行くかまだ方向性が見えてこない状態です。
こんな不安定な状態なので全力で買いというのは、危険だと思います。
ここから下がるとなると更に大きな売りを呼びそうな感じがします。
リーマンショック時でも50%近くの下落率だったみたいなので最低でも4円まで下がっても耐えられる範囲で買いを入れるのがよさそうです。

不安定な相場は東京時間午前限定で、あとは安定した動き

東京時間午前は日経平均が不安定でしたが、午後からは回復が見られました。
午前中に大事な中国指標がいくつも発表されました。

結果は、良いものと悪いものがあって強弱まちまちでした。
最初は上に行ったり下に行ったりしましたが、わかりやすく下げたので、豪ドル円を短期でショートしました。
勢いが強かったので、1分足でタイミングを計り、10PIPSの利益で決済できました。
もっと引っ張ってもいいのかと思ったけど、日足は売られすぎているのでやめておきました。
その後は、反発に転じて元の水準に戻りました。
早めに決済してよかったし、運よく反発を拾わずに逃げられたのでよかったです。
欧州時間は、中国株が高く推移したことで、上昇になっています。
東京時間午前の不安定な流れが変わってすっかりやりやすくなりました。
利益は十分とれたので、本日のトレードは終了させます。
チャート観察は引き続き続けて、デモトレードを利用してエントリーの練習をしたいと思います。

リスク最小限、スキャルピングのすすめ

FXでリスクを最小限にして稼ぎたいならスキャルピングがおすすめです。
デイトレードとは一日単位で取引を完結させるスタイルのことを指しますが、スキャルピングはそれよりももっと短い単位で、たとえば5分とか10分で取引を完結させてしまうスタイルです。
FXは一度ポジションを持ってからそれを決済するまでの期間が長ければ長いほどリスクが高くなります。

ポジションを持ってから二日後に500pips逆行してしまい大損するなんてことも多々あります。
もちろんその逆で500pipsの利が出ることもありますが、リスクは高いです。スキャルピングによる5分10分のトレードなら、利も損もせいぜい10pipsから20pips程度です。

FXで大損する事態を避けられるのです。FXを始めとする相場の世界には、儲けることよりもまずは相場で生き残ることが大事という格言があり、スキャルピングなら大損しないので生き残る確率が圧倒的に高いです。
あとは場数を踏んで短期での上下を見極められるように成長すれば、FXで儲けるのも夢ではありません。